DDにアイを作ってみないか?・2



DDにアイを作ってみないか?・1からの続きです。





少量のレジンを固まったレジンの上に入れます。
全体に塗る程度の量です。


ここにプリントを入れますが、プリントが潜ってしまうほどの量だと白目と瞳が離れて不自然になってしまうのです。


またプリント部分だけにレジンを塗ると固まったレジンとの間からはみ出てしまい、拭き取ったとしてもあまり綺麗に仕上がりません。




プリントはギュッと押しつけて、固まったレジンとの間に空気が入らないようにします。


押し付けた際プリントの端に気泡が出てくることがありますので爪楊枝などで取り去りましょう。







しっかり押し付けたつもりでもプリントが浮いてしまっていた、ということがよくあります。


たぶんここが一番失敗しやすいところではないでしょうか。


私も失敗するのはほとんどここです。


そこで重石にビー玉を使ってみたら失敗がだいぶ減りました。もちろん100%ではありませんが。


ビー玉でなくても小さくて適当な重みがあるものを使ったり、接着剤のキャップなど小さくて安定のいいものをプリントに置きセロハンテープで型に留め付けるなど、もっといい方法があればやってみてください。




ビー玉で見えにくくなりますが、出来るだけプリントが真ん中に来るよう気を付けます。


裏から見て気泡が入っていないことを確認したら紫外線に当てて固めます。







白レジンを作ります。


専用の着色料もありますしアクリル絵の具の白を入れても大丈夫ですが、量が多いと硬化不良を起こしますのでほどほどに。




固まったレジンとプリントに薄ーく白レジンを塗って固めます。


透明レジンとの間に隙間が出来てしまったり、硬化不良を起こしたりすることがあるのでごく薄く塗ります。


もし固めてから隙間が出来てしまったらその部分をデザインナイフなどで切り取りまた薄く白レジンを塗って固めればなんとかな(る場合もあ)ります。




固まったらまた薄く白レジンを塗っては固めるを繰り返して↑このようになったら型から外します。


白レジンをやり終える前に型から外してしまうと、型とアイの間に白レジンが入り込むことがありますので外すのは最後の方がいいです。


確認したいなどでどうしても外したかったら、その後は型に戻さずにひっつき虫で納豆パック(だからなんでもいいです)に固定して白目作りを続けるといいですよ。







上が型から外してすぐ、下がヤスリなどで有る程度形を整えたもの。
ちなみに上は花を撮影して加工して作ったアイ。


私の場合、布ヤスリ(スーパーアシレックス)のナカメでバリとデコボコを取り除き、スポンジヤスリ(3M)で仕上げ、更にコンパウンドで磨いています。


コンパウンドの後はよく洗って乾燥させます。


スーパーアシレックスはたまたま手芸店のセール品コーナーで見付けたのですが、ヘッドを削る際にもかなり重宝するのでおススメ。


捜してみたところ楽天にありました。


わかりやすいよう貼っておきますが、ここは物販ブログじゃないんで踏んだり買ったりしなくていいですよ。


まぁ買ってくれたら嬉しいけど。


価格:540円
(2017/6/26 17:21時点)
感想(0件)


私が買ったのはたしかトールペインティング用の二枚入りだったのですが、それは見付かりませんでした。







食品トレー(なんでもいいです)にひっつき虫で浮かせた状態でアイを入れ、光沢スプレーを吹き付けます。


浮かすことでトレーへの貼り付きを防ぎ乾燥を速めます。


このトレー何度か使っているのでゴミ巻き込んでいますが気にしないように。


Mr.スーパークリアーUVカット使用。


こちらはAmazonがおススメ。
この値段なのに送料無料。
私も近所を捜し回りましたが見付からなくてここで買いました。


新品価格
¥535から
(2017/6/26 17:38時点)



一度乾燥させてもう一度吹き付けると艶が増します。


よーーーく乾燥させて出来上がり。


ひっつき虫でヘッドに取り付けましょう。