DDにアイを作ってみないか?・2



DDにアイを作ってみないか?・1からの続きです。





少量のレジンを固まったレジンの上に入れます。
全体に塗る程度の量です。


ここにプリントを入れますが、プリントが潜ってしまうほどの量だと白目と瞳が離れて不自然になってしまうのです。


またプリント部分だけにレジンを塗ると固まったレジンとの間からはみ出てしまい、拭き取ったとしてもあまり綺麗に仕上がりません。




プリントはギュッと押しつけて、固まったレジンとの間に空気が入らないようにします。


押し付けた際プリントの端に気泡が出てくることがありますので爪楊枝などで取り去りましょう。







しっかり押し付けたつもりでもプリントが浮いてしまっていた、ということがよくあります。


たぶんここが一番失敗しやすいところではないでしょうか。


私も失敗するのはほとんどここです。


そこで重石にビー玉を使ってみたら失敗がだいぶ減りました。もちろん100%ではありませんが。


ビー玉でなくても小さくて適当な重みがあるものを使ったり、接着剤のキャップなど小さくて安定のいいものをプリントに置きセロハンテープで型に留め付けるなど、もっといい方法があればやってみてください。




ビー玉で見えにくくなりますが、出来るだけプリントが真ん中に来るよう気を付けます。


裏から見て気泡が入っていないことを確認したら紫外線に当てて固めます。







白レジンを作ります。


専用の着色料もありますしアクリル絵の具の白を入れても大丈夫ですが、混ぜ物の量が多いと硬化不良を起こしますのでほどほどに。


レジンと着色料を混ぜるのに綿棒の容器のふたが便利。
爪楊枝でムラなく混ぜます。
使用済みのレジンは固めてしまえば剥がれるのでけっこう何度でも使えます。




固まったレジンとプリントに薄ーく白レジンを塗って固めます。


透明レジンとの間に隙間が出来てしまったり、硬化不良を起こしたりすることがあるのでここは特にごく薄く塗ります。


もし固めてから隙間が出来てしまったらその部分をデザインナイフなどで切り取りまた薄く白レジンを塗って固めればなんとかな(る場合もあ)ります。


その際は透明レジンに傷をつけないよう気をつけて。






固まったらまた薄く白レジンを塗っては固めるを繰り返して↑このようになったら型から外します。


白レジンをやり終える前に型から外してしまうと、型とアイの間に白レジンが入り込むことがありますので外すのは最後の方がいいです。


確認したいなどでどうしても外したかったら、その後は型に戻さずにひっつき虫で納豆パック(だからなんでもいいです)に固定して白目作りを続けるといいですよ。







上が型から外してすぐ、下がヤスリなどで有る程度形を整えたもの。
ちなみに上は花を撮影して加工して作ったアイ。


私の場合、布ヤスリ(スーパーアシレックス)のナカメでバリとデコボコを取り除き、スポンジヤスリ(3M)で仕上げ、更にコンパウンドで磨いています。


コンパウンドの後はよく洗って乾燥させます。


スーパーアシレックスはたまたま手芸店のセール品コーナーで見付けたのですが、ヘッドを削る際にもかなり重宝するのでおススメ。


捜してみたところ楽天にありました。


わかりやすいよう貼っておきますが、ここは物販ブログじゃないんで踏んだり買ったりしなくていいですよ。


まぁ買ってくれたら嬉しいけど。


価格:540円
(2017/6/26 17:21時点)
感想(0件)


私が買ったのはたしかトールペインティング用の二枚入りだったのですが、それは見付かりませんでした。







食品トレー(なんでもいいです)にひっつき虫で浮かせた状態でアイを入れ、光沢スプレーを吹き付けます。


浮かすことでトレーへの貼り付きを防ぎ乾燥を速めます。


このトレー何度か使っているのでゴミ巻き込んでいますが気にしないように。


Mr.スーパークリアーUVカット使用。


こちらはAmazonがおススメ。
この値段なのに送料無料。
私も近所を捜し回りましたが見付からなくてここで買いました。


新品価格
¥535から
(2017/6/26 17:38時点)



一度乾燥させてもう一度吹き付けると艶が増します。


よーーーく乾燥させて出来上がり。


ひっつき虫でヘッドに取り付けましょう。







この記事を参考にアイを作る方、ここをたたき台にもっとうまいやり方を模索していってください。


DDにアイを作ってみないか?・1



DD用のレジンアイです…が、私自身まだ試行錯誤の段階ですし、レジンアイのディーラーさんが見ると鼻で笑う程度の出来だろうと思います。


アイを作ってみたいけどやり方がわからない、一応やってはみたものの失敗して頓挫、という人に向けた記事です。


私も初めは何をどうしてよいものやらわけもわからず失敗を重ねてきました。


今は百均でもレジンが売られています。
気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょう。





まずアイの元となるアイプリントを作ります。


恥ずかしながら自作のアイプリです。
使いたい方、万が一いらっしゃるならご自由に。
比率や色を変えたい、光などを描き加えたいというのもご自由に。
ただし販売はなさらないでください。
そんな人いないと思うけど。
もし販売をしてみたいという方は一から自分で作ってくださいね。


GIMPで作成。
1280×960pxの画面に縦118×横98pxくらいの楕円を描いてやっています。


お好きなアニメキャラを参考にするもよし、シンプルなグラスアイ風にするもよし。


自作したら保存はJPEGではなくPNGで。
後で手を加えたり作り直したりすることもあるかもしれませんが、PNGなら保存し直しても劣化しません。


プリンターを持っていなくてもコンビニでプリント出来ます。
その際はJPEGに変換してください。
PNGだと機械が読み込んでくれませんので。


GIMPはこちら






左上は花を撮影して加工しています。
時計や歯車などでもおもしろそう。







型を作ります。


年季の入った(小汚いとも言う)カッティングボード上で作業していますが気にしないでください。
これでも時々洗っています。


以前は「おゆまる」で型を作っていたのですが、最近百均で「イロプラ」というものを見付けたので使い始めました。


うちの近所の文房具屋さんだけのことなのかはわかりませんが、おゆまるは何色かのセットしかなく、イロプラは単色売りで無色透明があります。


おゆまるの無色透明はラメ入りでした。


色付きので作ってもレジンに色が移ったりすることはありませんので使っても問題はありませんが、無色透明だと裏から見てプリントとレジンの間にすき間や気泡がないか確認がしやすいです。


温めたイロプラにアイの原形を押しつけて型取りします。


販売を考えないのであれば市販のアイを型取りして作っても。







右がアイの原型。


たまたま見付けたほぼ22mm径の木製のビーズのようなまん丸いパーツにややハイドームになるようパテを盛って形を整え、おゆまるで型取りレジンを流し込んでヤスリがけして作りました。


木製のパーツをそのまま使うとパテ盛りしていない部分の木肌とおゆまるがくっついてしまってうまく剥がれず型がボコボコになってしまうのです。


で、そのボコボコの型にレジンを流し込んでボコボコを削って整え原型にしています。







レジンは一般的にエポキシレジンとUVレジンがあります。


エポキシレジンの方が透明度が高く綺麗なアイが作れるそうなのですが、私はUVレジンを使用しております。


紫外線に当てない限り固まらないので焦らなくていいし、計量の必要がないので初心者向きではないでしょうか。


紫外線に当てればすぐ固まるのでお手軽でもあります。







型にレジンを流し入れます。


気泡が入ってしまったら爪楊枝や、アイプリントの余白を細く切ったものをヘラにして取り除きます。


型を傾けて型内部全体にレジンが行き渡るようにします。







上は断面図。


レジンをぐるっと行き渡らせて置き、液が落ち着いたら太陽光に当てるかUVランプで固めます。


レジンはしっかり固まるとさらっとした触感になります。
ペタペタするようならまだ足りないので紫外線を当ててください。





レジンが手などについてしまった時のためにアルコールを用意しておくといいですよ。


スーパーで売っているアルコール除菌スプレーが便利。


ティッシュにスプレーして拭き取ればOK。






矢印部分が厚いと視線が追いやすくなります。


厚みが足りないと思ったら上からまたレジンを流し込みぐるっと行き渡らせて固めれば大丈夫。


レジンの質によるのか紫外線の当たり方が均一でないからなのかはわかりませんが、液状の時にはなかったのに固まると大きい気泡が出来てしまうことがあります。


その場合、1回のレジンを少量にして2~3回に分けて固めると大概うまくいきます。







 アイプリントを切り取りレジンを塗って固めます。


納豆パックのふた(いやなんでもいいけど)に少量のひっつき虫でプリントを浮かせた状態にするとやりやすい。


塗ってすぐではなく液が落ち着いてから固めます。
ただし極端に時間を置きすぎるとプリントが溶ける恐れがあります。


ふたに乗せたまま紫外線に当てます。





レジンの気泡を抜く方法ですが、私も気泡には悩まされていて決定打はありません。


温めると粘度が低下しますので冬場などはホットカーペットを使って容器ごと温めたりオイルヒーターの側に置いたりしています。


こぼれたら厄介なのでビニールに入れて。


夏場は型に流し入れラップをして1~2日置くとけっこう抜けます。


それでも細かい気泡は抜けにくいので爪楊枝でチマチマ取っています。


ドライヤーはゴミが入るのでおススメしません。


やってみましたが、やっぱり細かい気泡はなかなか抜けませんでした。





DDのアイを作ってみないか?・2につづく。