ドルフィードリーム(DD)アイホールクローズを開眼する





ドルフィードリーム(DD)のアイホールオープンを買いに行ったのにアイホールクローズしかなかった、という経験があります。

予約してまた行くのも面倒なので私はこんな時にはクローズを買って自分でアイホールを開けます。

オビツ系の1/3ドールヘッドにもアイホールの開いていないタイプがありますので、それらを入れ目にしたいときは自分で開けるしかありません(中には開頭が必要なものもあります)。






DD-09ヘッド

これを目当てに秋葉原ショールームへ行ったものの品切れ、

あとで通販しようと予約せずに帰ったら店舗限定で通販での扱いはなし。

次に行ったらクローズのみがあったので仕方なくこれを買いました。

発売されてまだ間がないヘッド、人気のあるヘッドは予約しないと買うのは難しいです。

入荷しても予約の人数が多いと順番がなかなか巡って来ないことも。

早く欲しい時はより人気のあるアイホールオープンよりクローズを予約した方が入手しやすいかもしれません。


ショールームで聞いてみるといいでしょう。





失敗しない開眼のコツはズバリ

「切り取る部分以外にナイフの刃を当てない」

至極当たり前のことですがこれに尽きます。








切り取る部分以外にナイフの刃が当たらないようにするにはナイフの刃を動かさないこと。

モールドの溝に沿ってデザインナイフの刃を突き刺します。

刃を動かして切るようなことはせずにただ突き刺すだけ。

刺しにくいとき小刻みにナイフを動かすくらいなら大丈夫。





溝に刃を突き刺しては抜き、場所をずらしてまた突き刺しては抜き、少しずつ切っていきます。





この際、取り去る側(アイ部分)になるべく刃を密着させるようにし、残す側(目の回りの部分)には刃が触れないように注意します。

このやり方なら、手が滑って余計な疵を付けてしまう失敗が少ないんじゃないかと思います。

刃先に気を取られて刃の後ろの方でアイホールの縁を傷付けてしまうことのないよう気を付けながら行いましょう。






切り取れました。

モールドが深いので表はそのままできれいです。

あとは裏側を処理します。






裏からアイホールをアイベベラー(※)で削ります。

画像は22mmを使用。

そのままでは簡単に削れるものではないのでヤスリ部分にVカラーシンナーを付けます。

Vカラーシンナーを付けるとソフビが溶けて削りやすくなります。

ただし付いた部分はテカテカになってしまいますので余計なところに付けてしまわないよう注意しましょう。

また使用の際には換気をしましょう。



Vカラーシンナーの入手は通販頼みの人も多いのではないでしょうか。

私もうっかり切らしてしまい近場の模型屋さんを4軒ほど回ってみたのですが、扱っているところはありませんでした。

調べてみたらヨドバシドットコムで扱っていました。

送料無料なのでおススメです。






片側だけ削り終えた状態。

このように裏側はアイベベラーで削るだけで大丈夫。






両目とも削れました。

これでメイクに入れます。





※アイベベラーというのはアイホールを整えるためのヤスリのこと。

ボークスではアイサイザーという名称で売られています。

アイサイザーというのは本来アイホールのサイズを測るためのもの。

おそらくボークスの通販が一番入手しやすいだろうと思います。

これだけだと送料がかなり高く感じてしまうのでヘッドなどを買うついでに一緒に頼んでみてはいかがでしょうか。





オビツ27の首を太くする方法(ジェニー向け)




オビツ27はジェニーボディにサイズが近いうえに非常に可動がよく、特にSBHはプロポーションもほどほどよいのでジェニーにすげ替えている人も多いと思います。

ただ首が細いためぐらつきやすく、ボリューミーなヘアスタイルだと髪の重みで上を向いてしまうのが難点。

旧ジェニーのヘッドなど頭が大きめ子の場合は見た目のバランスもイマイチです。








そこでオビツ27の首を太くする方法。



必要なものはパテとドライヤー。

パテはタミヤのエポキシ造形パテ速硬化タイプやウェーブエポキシパテ軽量タイプがおススメです。

薄黄色なので外皮から不自然に透けて見えることもありません。

百均にもパテがあったので試しに買ってみましたが、臭いがあまりにもきつかったのでドール用には向かないなと思いました。



まず腕を抜いて胸の外皮を外します。

外しにくいようでしたらドライヤーで温めながら外します。








汚さないよう首から下をラップで覆います。

少量のパテをよく練り合わせて首の軸に巻きます。

ベタついてやりにくいので少しだけ時間を置いて、硬化が始まったら親指と人差し指でコロコロ転がすと程よい硬さで指に付かず滑らかに仕上がります。

上部は軸の長さに合わせて平らになるようカッターで切り落とします。








厚さはこんな感じ。

平均すると0.5mmくらいでしょうか。

手作業なので厚みにムラがあるのは仕方ない。








パテがほぼ硬化したら外皮の首部分をドライヤーでよく温めて元の通りになるようボディに無理矢理はめ込みます。

完全に硬化する少し前だと外皮をはめてから形を整えることができます。

下に向かって徐々に太めになるように形作るとより自然な造形になります。

この画像のは形があまりよくないけど。








腕を戻して頭を装着。

頭がグラつかなくなり、髪の重みに負けず頭を下に向けられるようになります。








自然な太さになりました。










27より小さいオビツボディの首はかなり細いのでやってみたことはありません。

悪しからず。






お湯パーマ・2(実践)




植毛をしてみるとわかると思いますが、植えっぱなしではいくら梳かしたところで髪の根元は落ち着きません。

植毛をしたらお湯パーマが必要になります。



まず髪を湿らせ、ポリスリーブやラップで抑えます。

ただし癒着のおそれがあるのでアイプリントにはできるだけ付けないように注意。

髪が浮かないようしっかり整えます。

ストレートヘアなら準備はこれだけでOK。



お湯パーマの基本のやり方は後述の縦ロールの作り方 ※~※ と同じです。

パーマが終わったら首を菜箸などに刺し、立てた状態で髪を梳き下ろしてまっすぐにし乾燥させます。






 ↑ この画像はまだ整え方が不十分。

もっと髪をきちんと下に引っ張る。

特に前髪はまっすぐ下りるようにすること。





ここからは縦ロールの作り方。

ストレートロングなどの場合はこの予め前髪を作る工程は必要ありません。

前髪を切るのは最後で大丈夫。



前髪にお湯パーマをかけます。

部分的にかける場合はマグカップでOK。

熱めのお湯(95度くらい)を入れたカップに予め水をかけておいたヘッドを浸けます。

もう一度お湯パーマをかけますが、前髪の浮きを防ぐためこの後しっかり乾燥させます。

もちろん自然乾燥で。








前髪を大雑把に作ります。

大雑把といっても切りすぎては元も子もありませんからそこは慎重に。



ハサミはベビー爪切りなど小さい物を使います。

普通の工作用などのハサミではアイプリントを傷付ける恐れがあります。

またどのようなハサミであっても絶対安全な保証はありませんからやっぱり慎重に。



この範囲が前髪だとわかる程度でいいのでまだ長めにしておきます。








ロールを作るにはロッド、竹串、ストロー、などを芯にして巻きます。

何を使うかは髪の長さやロールの太さによって決めます。

巻き終わりをティッシュで包み輪ゴムで押さえる方法が一般的。



今回は芯にストローを使い、押さえるのに竹串を添えました。

巻き終わりはラップで包み最後に全体にラップを巻きました。



ロールの本数はお好みでどうぞ。

ここでは10本作りました。



ストローと竹串は輪ゴムで括ってあります。

ポリウレタン製の絡まないゴムは熱に弱く切れてしまうのでお湯パーマには使えません。



横に二つある物は付け毛。

ついでにいっしょにお湯パーマをかけます。








※ 熱いお湯に髪が負けるのを防ぐため全体に水をかけます。








ボウルにヘッドを入れ熱湯(95度くらい)をかけます。

顔にお湯を当てないよう注意。

そのまま10~30分浸しておきます。

顔は上に向けお湯に浸らないように気を付けること。

濃い色の髪はかかりにくいと言われているので長めに置くこと。

時々お湯を足して温度をなるべく一定に保ちます。

終わったら引き上げて水をかけて冷やします。 ※








タオルに乗せてそのまま自然乾燥。

しつこいようですが絶対にドライヤーは使わないこと。



通常乾くまでいじりませんが、ラップを付けたままにすると乾かないので竹串と共にそっと外しました。

この後スリーブを被せて前髪のみお湯パーマをかけ数日間放置、しっかり乾燥させました。








カットして形を整えれば出来上がり。







いっしょに作った付け毛。

これだけで案外イメージが変わります。










癖直しや部分パーマなどの時はマグカップを使うと手軽です。

大きめのマグカップにお湯を入れてヘッドを浸します。

お湯が冷めてきたらヘッドを取りだしレンジで温度を上げ、またヘッドを浸すと簡単。



【関連記事】

お湯パーマ・1(前置き)




癖のついた髪をもとのストレートにしたい

ボロボロになった髪のボリュームを抑えて少しでも綺麗に見せたい

ストレートの髪を巻きたい

自力植毛した髪を落ち着かせたい…



拾ってきたボロっ子の乱れた髪を直すにしろ自分で植毛した子の髪をセットするにしろ有効なのはお湯パーマです。

ただし失敗する場合もあることを念頭に置き、慎重かつ自己責任のもと行うこと!



髪は熱を加えることで形を変えることができますが、ドライヤーを使うと温度が高すぎて髪が溶けてしまいます。

そこで100度より高温にならないお湯を使うわけです。



書籍を参考にするならDolly Dolly vol.19。

ボールにヘッドを入れ熱湯をそそぐ方法がお勧めです。



中古価格
¥1,798から
(2014/5/23 17:40時点)




↑ もう中古しかないけど一応貼っときます。

ちなみに定価は二千円(税抜)。

置いてる図書館もあるようです。



他にもお湯パーマについて書かれた本はありましたが、鍋で煮る方法なのでDolly Dollyの方法に比べリスキーです。

鍋肌に触れたり鍋周りの熱気に当たったりして、髪やドール本体が傷んでしまうこともあるので。

また軽度の癖を直すなら熱めのお湯をかけて梳かす程度で大丈夫な場合もあります。

しかし箱入り新品のまま長年放置されていた場合など癖が取れにくいものもあります。



エクセリーナなどに使われているトヨカロンは熱に非常に弱く、やや熱めのお湯にちょっと浸けただけでも硬化してしまいます。

カネカロンのバービーも同じくお湯パーマはやらない方が無難。



続きます。



【関連記事】




どーでもいいがなに見ても「煮る」になってるんだけど、「茹でる」じゃダメなんだろーか。






植毛・4(分け目に植える)




分け目を除いて植え終ったら髪をまとめます。

分け目を境に左右二つに分けツーテールに。

「からまないゴム」使用。百均にあります。

ちなみに熱に弱いのでお湯パーマには使えません。










分け目を片側から植えていきます。

一つの毛穴に植える本数は今までの倍、40本です。

針に通せるなら40本(20本の二つ折り)一度に植えてもいいですし、無理なら20本ずつを二回植えましょう。

分け目は毛穴が繋がってしまっていることが多いので中で玉止めを作って植えていく方がラク。

チェーンステッチ法で植えていく時でも穴が繋がったところは玉止めを作った方がいいです。

抜けないように大きい結び目を作りましょう。

植え終わった毛束はツーテールの片側にマメにまとめます。



チェーンステッチ法で植えているなら手を休ませる時、こんな風↓にするとうっかり輪を首穴の中に引っ込めてしまう事故や、次に植える毛束が他の毛束に混ざってしまうことを防げます。








片側植え終わりました。








画像ではわかりにくいですが更にメッシュを入れました。

メッシュは分け目だけでも案外効果的。

全体にメッシュを入れるとか部分的に色を変えるとか、試行錯誤も必要ですがいろいろやってみると楽しいです。






色が合っていたのでエクステジェニーに付属していたエクステの水色を使用しました。

植えた分け目を片方のテールにまとめます。



続いてもう片側も植えます。

先に植えたのと同じ毛穴に植えていきます。






全体を見て足りないところに植え足せば植毛はあがり。

このあとお湯パーマをかけます。






古い人形などはこのように分け目が二列になっているものもあります。

おそらく最初に右側の列を植え左に倒した上からヘッド中央の列を植えたものと思われます。






毛穴に忠実に植える場合は右側の列に植えた毛を左に、左側の列に植えた毛を右に、と互い違い・交差させていきますが、どちらか片方を分け目にしてしまうのも手です。

真ん中わけにしたいときは中央に近い列、横分けにしたいときは横の列を分け目にします。

下は横の列を分け目にした例。

もちろん元は真ん中分けでした。







【関連記事】










植毛・3(全体に植える)




ヘッドの中で鎖編みになるチェーンステッチ法(勝手に命名)で植えていきます。



植えた毛束に玉止めを作り毛束を外に引っ張る方法(玉止め法)もあります。

チェーンステッチ法はスピーディでヘッドの中がすっきりキレイ。

玉止め法はウィッグをバラして使う場合や他ドールから移植する場合に向き、また失敗が少ないので初心者におススメの方法でもあります。

画像が光って見えにくくなってしまい申し訳ない。



ボークスのシルバー使用。



毛束から5本取りだし半分に切って合わせ10本にします。

元が1メートルなのでこれで約50cm。

50cmを更に半分に折った状態で針に通して植えます。

これで一つの毛穴から約25cmの毛が20本出ることになります。

20本数えるのは大変だけど5本だけなら苦もなく本数が揃えられます(この本数について下に追記があります)。

ショートヘアにしたい場合でもこのくらい長さがあったほうが植えやすい。









針に通す前にぬらしたティッシュで毛束を挟んで滑らせ毛束を湿らせるとまとまりがよくなり、ぐっとやりやすくなります。

静電気対策にもなります。

含ませる水の量は多めに。









頭頂部から植えていきます。

外周から植えると針を出す首穴が次第に毛で埋まっていきやりにくくなります。











一本植えて針を外したところ。

首穴から毛束の輪が出ています。











二本目を植えます。

一本目の隣の毛穴に針を入れ、針を首穴から出ている一本目の毛束の輪の中を通して出します。











頭頂部の一本目の毛束だけを引っ張ります。

これで一本目が植え終わりました。











首穴から二本目の毛束の輪が出ているので続けて隣に三本目を植えます。

あとはひたすらこれを繰り返します。







あまり長く続けないである程度植えたら結ぶなどすれば失敗して抜けるようなことがあっても被害が小さくて済みます。

この場合「結ぶ」というのは隣の毛束と結び合わせること。

こんな風に↓結び合わせてから、首穴側から頭皮へ針を入れます。

針のめどを頭皮に刺して首穴から出し毛束を通すと簡単です。

ヘッドの中がすっきりするようにこのような結び方をしていますが、しっかり結び合わせていればどんな結び方でも大丈夫。









下はもうちょっとわかりやすい画像。









分け目を除いたすべての毛穴に植え終わりました。









ヘッドの中を見るとこうなっています。

中身の途中経過は撮っていないので分け目も植え終わった画像ですが。







注意事項

上でも書いていますが植え始めるのは頭頂部から。

外周から植え始める人が多い様ですが、例えば日本髪を結うなどの特殊な髪形を除いて頭頂部から植えた方が格段にやりやすいです。



そして追記

ここでは一つの毛穴から20本の毛が出るように植えていますが、ヘッドによっては元が40本植えてあったものもあります。

例えば同じk119ヘッドでもカラーパレットジェニーのブルーは20本、10周年記念とボヘミアの森マリーンは40本でした。

おそらく髪型によって本数を変えているのだろうと思います。

40本の場合は毛穴と毛穴の間が広め、20本の場合は密に植えてあります。

元の本数を確認するのが可能なら坊主にする前に確かめて、そのヘッドに合わせた本数を植えるようにした方がいいでしょう。

あるいは元が40本でも、20本にして毛穴を増やし密に植えてもいいのではないかと思います。
一つの毛穴に40本というのは植えるのも針に通すのも大変ですから。

ご自身でも工夫・試行錯誤してみてください。










【関連記事】